2013年05月07日

外貨FXと為替証拠金

FXは外国為替証拠金取引とよぶことがありますが、近頃FXで為替取引を行なう人が増えています。

外貨の証拠金取引とはどういったものなのでしょうか。

外国為替、つまりドル、ユーロ、ポンドなどの日本円以外の通貨の売買を行う取引というのが、外貨FXです。

利益を出す仕組みとしては外貨預金や外貨MMFなどと似てはいますが、現物で為替を売買するわけではありません。

あたかも為替を売買を行なったとみなして利益計算を行なう点が外貨預金との違いです。

外貨FXはレバレッジ効果というものを特徴としています。

前もって取引用の証拠金を入れておき、実際の何倍もの取引を行うものです。

レバレッジ効果を用いることで、少額の資金で大きな取引を行なうことができます。

為替証拠金として入金した額よりも取引額を多額なものにすることができるため、外貨FXの利益も損失もそのぶん大きくなります。

外貨預金の取引であれば円売りから取引を開始しますが、外貨FXは円買いの取引から開始することもできます。

あたかも外貨を所持しているかのように、外貨売りの取引を始めることもできます。

外貨FXならば円が高くなっていくような局面であっても為替差益を出す可能性があることになります。

為替差益を大きく見込めることが、商品としての外貨FXの人気の源ですが、逆に損失を被る場合も大きな額になりがちですので、為替の取引を行なうことにした場合には注意せねばなりません。

さて、資金を調達するのにアコムカードなどを利用するひともいます。しかし、これは危険です。自分は負けないと思って参入するのが投資の世界ですが、そのほとんどが退場させられている事実を知っておかなければなりません。
posted by jaha at 21:29| 金融