2013年07月09日

不動産投資とローン返済

不動産投資の資金調達をする場合、ローンを組んで資金を用意するのが基本です。不動産投資にもさまざまな規模がありますが、仮にマンションなどに大口投資する場合、ローン組む際にも厳しい条件を要求されることがあります。上場している企業に勤務していたり、公務員であったりするなど、収入が安定している場合はローン組みがしやすいといえます。独身者や、会社勤めの年数が浅い場合は問題になります。連帯保証人にも保証力が必要ですから、独身の人が親を保証人に使用としたとしても、高齢である等の理由で拒まれることがあり得ます。

不動産への投資に対するローンでは、投資対象に対して抵当権が設定されるでしょう。金融機関が万一の場合の担保とするためです。ローンで借りることのできる融資額は、資産価値の低い不動産物件の場合には少なくなることがあります。

不動産投資の場合、ローンの返済だけを考えていては駄目です。投資している人は大家と言うことになるので、さまざまな費用が発生します。物件の破損や突発的な事態に対して備える必要がありますので、そのための手元資金も大事になってきます。不動産投資を行なう場合、通常、なるべく早くローンの返済を終わらせるべきです。そうはいっても、貯金を全然していないようではいざというときに大変なことになってしまうので、ローン返済とバランスを見ながら貯金をしましょう。

不動産投資であれなんであれ、ローンの返済期間や金額を設定する際には決して無理をしないことです。電話連絡なし キャッシングの利用はよく考えてください。
posted by jaha at 15:49| Comment(0) | 金融
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]