2014年03月26日

自宅で出来る多汗症の治療法ってあるのかね?

多汗症の治療方法を探している人は多いのではありませんか?

どんなやり方をすれば治療ができるものなのでしょうか。

よく知られているのは、手術で多汗症(交感神経の失調が原因とされており、精神状態はあまり関係ないようです)を治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)するというものです。

けれども、自然塩浴や冷水浴びで、多汗症(日本では特に、対人関係や日常生活に支障をきたすことが多いでしょう)が改善されたという方もいます。

副作用の心配もなく、手術みたいに費用がかさむこともませんし、手軽にできる多汗症対策と言えますね。

自然塩はミネラル成分が多く含まれる塩で、スーパーに行けば1キロ300円ほどで販売されています。

この自然塩を使用して自然塩浴を行うんです。

お風呂にそのまま自然塩を入れるのではなく、海水程度の自然塩か自然塩そのものを体に塗ります。

どんな自然塩を使用するかは適当に。

決まっていないでしょう。

まず最初に、軽く汗をかくぐらい浴槽で体を温めます。

そして、頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)の先から足先まで、自然塩を体じゅうにまぶしつけ(時には体?も必要になることもありますが、虐待とは違うものです)ます。

全身に塩をつけれね、シャワーでその塩を流します。

その後また風呂に入ります。

体を十分に温めてから、仕上げに冷えた水シャワーを行います。

この間、石けんやシャンプーは使いません。

多汗症治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)としては非常に簡単なだと言われていますが、注意事項としては、一時的に湿疹や吹き出物が出ることがあるとしてす。

デトックス効果があまりに強すぎて、好転反応が出ているのだといいます。

継続していれね、段々と肌の荒れはおさまってくるそうです。

自然塩浴と冷水浴びを行うことによって、長年の多汗症の症状がよくなるかどうか実行してみてはどうでしょう。

脱毛ラボ 全身脱毛 順番
posted by jaha at 17:38| 日記