2013年07月07日

面接のマナーについて

面接を転職活動において受ける場合には、職歴や転職の理由の他にももっと基礎の部分でポイントになることがあります。社会人として身に付けておくべき礼儀をわきまえているかどうかです。一つ一つのマナーはそれほど大きい影響をあたえるものではありませんが、転職活動において面接官が感じるイメージはだいぶ違うといいます。どんな常識を持っているか、清潔感のある服装、表情や立ち振る舞いなどが面接でマナーとしてみられるのが一般的です。


転職のために面接を受けるのであれば、清潔なきちんとした服装や外見は成功をするかどうかに関わるものなので、意識しておくことが大切です。カバンや靴にも気を付けて、服装は基本的に落ち着いた色のスーツにします。

ヘアースタイルは寝癖を直してカラーをするのはやめたほうが良いでしょう。足や腕は組まずに自然に背中をまっすぐにして、ゆっくりとわかりやすくしゃべるようにしましょう。髪を触ったり貧乏ゆすりをするなど、精神的に落ち着かないとクセがでることもあるので要注意です。

なかなか自分のクセ改善することはできませんが、認識しておくだけで対応できるようになるでしょう。


他にも大切なのは、ドアの開閉は静かに、入室はノックをしてから、椅子に座るのは声をかけられてからといった基礎的なものです。携帯電話の電源はきちんと切っておくことも重要です。面接を受けるときにちょっとした配慮が転職活動の成功につながるでしょう。

電験3種 最短勉強法
タグ:電験3種
posted by jaha at 17:15| Comment(0) | 仕事